じぇーそん3のブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS [VX] 武器・スキル・アイテムに追加効果を持たせる

<<   作成日時 : 2014/07/20 12:00   >>

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0

武器・スキル・アイテムでの戦闘行動の直後に、一定の確率で
何らかのアクションを実行するというゲームシステムを実現
したいと思い、このスクリプト素材を作成しました。
これにより、VX標準システムではできない仕様のシステムを
構築できるようになるので、表現の幅が更に広がると
思われます。

画像

スクリプト素材のダウンロードは↓
http://www.lm-t.com/blog/more_action.zip

-----機能説明ここから-----
1.機能概要
 追加効果スクリプトは、武器・スキル・アイテムの使用後に
 一定の確率で追加でアクションを実行する機能を追加します。
 このスクリプトを導入することにより、例えば下記のような
 仕様のシステムを実現することができるようになります。

 ・敵に与えた攻撃の一部が自分に跳ね返ってくる (諸刃の剣)
 ・味方全員を生き返らせ、自分は犠牲になる (メガ○ル)
 ・敵と味方全員にダメージまたは回復
 ・単体攻撃の後、続けて全体攻撃する

 上記は一例です。
 工夫次第で様々なシステムを作り上げることができます。


2.追加効果の適用方法
 追加効果は、武器による攻撃、スキル・アイテムの使用後に
 続けて「スキル」を実行するという仕組みになっています。

 追加効果を適用するには、データベースの武器・スキル・
 アイテムのメモ欄に、拡張オプションで下記のように
 記述します。

 画像

 (1) more_skill
  追加で実行するスキルのIDを指定します。
  ここで指定されたIDのスキルを追加効果として実行します。

 (2) more_odds
  追加効果を実行する確率を指定します。
  この値はパーセント単位で指定します。
  また、この値は省略可能です。省略した場合、100が指定
  されたものと見なします。

 それぞれのオプションに指定する値の書式は下記の通りです。

 [整数値]
  数字のみで構成された値です。
  記述された値を直接参照します。
  例:0, 50, 310

 [変数番号]
  変数に格納された値を参照します。
  該当する番号の変数が存在しない場合は0と見なします。
  例:30v, 800v

 [スイッチ番号]
  スイッチに格納された値を参照します。
  該当する番号のスイッチが存在しない場合は0と見なします。
  OFFの場合は0、ONの場合は100を意味します。
  例:1s, 60s, 222s


3.Configモジュールの設定
 本スクリプトでは、Configモジュールの値を修正することで
 動作内容を変更できるようになっていますが、画面効果や
 仕様を変えるような性質の項目はありません。
 各値の内容を下記に記載します。

 (1) ATKMORE_RESOLVE_CONFLICT_T14_042
  拙作のRGSS2素材「敵ゲージ表示スクリプト
  と併用する場合の競合問題を解決するかどうかを指定します。
  上記素材を導入済みの場合のみ true を指定してください。

 (2) ATKMORE_RESOLVE_CONFLICT_T14_049
  拙作のRGSS2素材「バトルスピード変更スクリプト
  と併用する場合の競合問題を解決するかどうかを指定します。
  上記素材を導入済みの場合のみ true を指定してください。

 (3) ATKMORE_RESOLVE_CONFLICT_T14_050
  拙作のRGSS2素材「バトル統計情報スクリプト
  と併用する場合の競合問題を解決するかどうかを指定します。
  上記素材を導入済みの場合のみ true を指定してください。


4.その他の注意事項
 本スクリプトにおける詳細な動作について下記に記載します。

 (1) 追加効果の有効なシーン
  追加効果が実行されるのはバトル中のみです。
  メニューから追加効果を持つスキル・アイテムを使用しても
  追加効果は実行されません。

 (2) 追加効果スキルの使用可能時
  追加効果として使用されるスキルの「使用可能時」の設定は
  無視されます。

 (3) 追加効果元と追加効果スキルの効果範囲の組み合わせ
  追加効果を記述した武器・スキル・アイテムと、追加効果の
  スキルに設定された効果範囲の組み合わせによる動作内容は
  下記図を参照してください。
  画像

 (4) 追加効果スキルの消費MP
  追加効果が実行されても、追加効果スキルに設定された
  消費MPは消費しません。

 (5) 追加効果実行前に使用者が戦闘不能になった場合
  この場合、追加効果実行の条件を満たしていても追加効果は
  実行されません。

 (6) 追加効果の入れ子
  追加効果を入れ子(追加効果スキルに更に追加効果を記述)に
  しても、追加効果を実行するのは一度までです。

 (7) 武器による攻撃でダメージ0、回避された、命中しなかった
  これらはいずれの場合も追加効果は実行されます。

 (8) 二刀流の場合の動作
  二刀流の場合、武器のスロットの1番目に装備された武器の
  追加効果を参照します。2番目のスロットに追加効果を持つ
  武器を装備しても、追加効果は実行されません。

  ※動作としては微妙です。二刀流での追加効果は非サポート
   としたいと思います。


■導入手順■
1.導入前の準備
 このスクリプトは

 ・拡張オプションスクリプト

 上記スクリプトを最初に導入しておいてください。
 すでに導入済みの場合はこの作業を省略できます。


2.スクリプトの追加と置換
 (1) 追加
  以下のスクリプトは標準のスクリプトには存在しないものなので、
  手動で追加する必要があります。スクリプトの名前は各ファイル名
  から「.txt」を除いたものにしてください。

  Config.txt

  ただし、過去に公開された拙作のスクリプト素材を導入済みで、
  すでに同じ名前のスクリプトが存在する場合は、以下のコメントで
  囲まれている部分を手動で追加してください。

  #T14-063 NEW--->
  #<--------------

 (2) 置換
  以下のスクリプトの内容を書き換える作業を行います。

  Scene_Battle.txt  → Scene_Battle

  上記で示したスクリプトに、以下のコメントで囲まれている部分を
  手動で追加してください。

  #T14-063 ADD--->
  #<--------------

  変更する箇所を間違えないように注意してください。

 ●注意
 置換作業を行う前に必ずバックアップを取っておくようにしてください。
 元のスクリプトの状況によっては、置換を行うことでスクリプトが
 正常に動作しなくなることがあります。
-----機能説明ここまで-----

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 10
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い 面白い
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
[VX] 武器・スキル・アイテムに追加効果を持たせる じぇーそん3のブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる