[MV] RPGツクールMVのスクリプト構造を解析しました

RPGツクールMVのスクリプト素材を作成する前に標準スクリプトの 構造を一通り解析しました。MVのスクリプトは機能の役割ごとに クラスが分割され、それぞれのクラスは階層構造状に整理されて います。 スクリプト解析結果(※1)は下記URLからダウンロードできます。 http://www.lm-t.com/blog/mv_sc…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お知らせ

遅ればせながら新年明けましておめでとうございます。 前記事の7周年のお知らせから2ヶ月半の間またブログを放置 していました。ご無沙汰しています。(毎回言っている) 最近ブログもTwitterも露出が少ない限りですが体調を壊さない 程度には元気に過ごしております。 さて、今回は少々お知らせごとがあり、それをお伝えするため…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブログ開設7周年になりました

またまたご無沙汰です。 長らく長らくブログを放置していた管理人のJ-SONです。 気が付いたらブログ開設7周年のメールがBiglobeさんより 届いていました。当ブログはRPGツクールVX向けのRGSS2素材を 開設当初から取り扱っていたので、実に6~7年もの間RGSS2を サポートし続けていたことになりますね。 元…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[SW] Ranking Analyzer for SDVX III

SOUND VOLTEXの全国ゲームランキングを解析して色々な ランキングを作成するツールを制作しましたので公開します。 ツールと言っても、サーバーで解析・作成したランキングを Webサイトの形式で公開する形となっています。 下記のURLにアクセスすることでランキングを掲載する ページに移動します。 http://w…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サーバーメンテナンスのお知らせ

ご無沙汰でございます。 長い間ブログを放置していたJ-SONです。 レンタルサーバー業者から、サーバー故障の影響で新サーバー への移行作業が発生するとの連絡がありました。 この移行作業は2015年4月2日の午後に実施されます。 その影響で、当ブログからリンクされている全てのRGSS2素材が 一時的にダウンロードできな…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

[VX] アクター戦闘アニメーションスクリプトに機能追加を実施しました

アクター戦闘アニメーションスクリプトに機能追加を実施しました。 -----バージョンアップ情報----- ■Ver1.01-->1.10の変更点  (1) パーティの人数に応じて、アクターの戦闘アニメーションを    表示する座標を変更できるようにしました。
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

[VX] 武器にスキルと同様の効果を持たせる

VX標準システムでは、武器による攻撃は必ず敵1体に対して のみ有効で、それ以上の効果を持たせることはできません でした。そこで、VXで武器による効果を拡張できるスクリプトを 作成しました。 スクリプト素材のダウンロードは↓ http://www.lm-t.com/blog/weapon_ext_effect.zip …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[VX] 敵の攻撃を受け流して反撃する

VX標準のシステムには、敵から受けた攻撃を受け流し、反撃する というシステムを実現する機能はありませんでした。今回作成した RGSS2素材は、そういったシステムを実現できるようにします。 スクリプト素材のダウンロードは↓ http://www.lm-t.com/blog/counter_system.zip ---…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[VX] 武器・スキル・アイテムに追加効果を持たせる

武器・スキル・アイテムでの戦闘行動の直後に、一定の確率で 何らかのアクションを実行するというゲームシステムを実現 したいと思い、このスクリプト素材を作成しました。 これにより、VX標準システムではできない仕様のシステムを 構築できるようになるので、表現の幅が更に広がると 思われます。 スクリプト素材のダウンロードは↓…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[VX] スキル/アイテムの効果範囲を拡張する

VX標準システムのスキル/アイテムでは、それらを誰に使うかの 効果範囲の設定は限られています。その設定の種類を増やし、 VX標準よりも多彩な効果範囲を持つスキル/アイテムを作成 できるよう、スクリプトを改造しました。 スクリプト素材のダウンロードは↓ http://www.lm-t.com/blog/scope_ex.…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[VX] ステートの能力値変化率の上限を超える

ステートの「能力値変化率」には200%までという、意味不明な 上限が付いており、それ以上に能力を変化させたい場合の 障害になっていました。この上限を取り除くことで、より柔軟な ゲームシステムの構築を可能にするよう、スクリプトを 改造しました。 スクリプト素材のダウンロードは↓ http://www.lm-t.com/…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[VX] 命中率/回避率を詳細設定する

VX標準システムでは通常攻撃の命中率と回避率を設定する 項目が少なく、また、細かい設定ができない仕様でした。 この部分に対して、もう少し詳細設定ができるようにし、 より柔軟なシステムを構築できるようにスクリプトを改造しました。 スクリプト素材のダウンロードは↓ http://www.lm-t.com/blog/hit_…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[VX] 毒によるダメージを詳細設定する

VX標準システムでは、毒によるダメージ(スリップダメージ)の 詳細設定が行えませんでした。ダメージ量は固定化され、 戦闘時においては受けたダメージが表示されないので、 毒の脅威がプレイヤーにいまいち伝わらない仕様になって いました。 上記のようなVX標準システムの短所をある程度改善 できるよう、スクリプトを改造しました。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[VX] クリティカルヒットを詳細設定する

VXの標準システムでは、クリティカルヒットに関する設定項目が 少なく、自由度が低い仕様になっていました。 そこで、クリティカルに関連する機能を拡張し、ゲームシステム 構築の自由度を引き上げました。 スクリプト素材のダウンロードは↓ http://www.lm-t.com/blog/critical_ex.zip …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[VX] 連鎖ステートスクリプトに機能追加を実施しました。

連鎖ステートスクリプトに機能追加を実施しました。 -----バージョンアップ情報----- ■Ver1.00-->1.10の変更点 (1) スキル・アイテム・武器に、適用する連鎖ステートを複数記述   できるように機能追加しました。 (2) スキル・アイテム・武器の連鎖ステートの記述が誤っている   場合にエラーメ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[VX] 地図を表示する

マップ移動中に地図を表示し、現在位置を確認したりイベントの 位置を把握したりできる機能を追加しました。 この機能によって、マップ移動中のシステムを更に充実させる ことができると思います。 スクリプト素材のダウンロードは↓ http://www.lm-t.com/blog/worldmap_101.zip [2…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

[VX] タイルセット置換スクリプトに機能追加・不具合修正を実施しました。

タイルセット置換スクリプトに機能追加・不具合修正を実施しました。 -----バージョンアップ情報----- ■Ver1.00-->1.10の変更点 (1) 通行設定「o」で指定したタイルを、小型船・大型船が通過   できてしまう不具合を修正しました。 (2) 通行設定の種類を追加し、より複雑な通行設定に   対応し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[VX] 文字を縁取りする

VX製のRPGでも、VX Ace製のRPGのように、文字を縁取り したいと思うようになりました。色々と調査をしていて、 RGSS2の機能のみで実現ができることが分かったので、 自分流のコードで素材化しました。 スクリプト素材のダウンロードは↓ http://www.lm-t.com/blog/border_text…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[VX] ウィンドウのサイズを変更する

VX標準のゲーム画面は、544×416と、昨今のゲーム画面と 比較すると決して大きくはない仕様になっています。 スクリプトで解像度を変更すると、最大で640×480まで 拡大できますが、それだけでは画面が乱れてしまい、スクリプトの 修正量が多いので、あまり現実的な対応ではありませんでした。 そこで、ウィンドウのサイズを変更…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more