じぇーそん3のブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS [VX] ダメージの表示方法を変更する

<<   作成日時 : 2013/02/04 23:46   >>

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

VX標準システムでは、ダメージの表示方法は文章のみに
限定されています。巷に存在するRPGで、ダメージを
与えた/受けたキャラクター上にダメージを表示する表現が
できるよう、スクリプトを改造しました。

もはやn番煎じの内容ですが、必要に迫られた事情があって
自前で作成しました。

画像


スクリプト素材のダウンロードは↓
http://www.lm-t.com/blog/visual_damage.zip

-----機能説明ここから-----
■基本情報■
1.機能概要
 ダメージ表示スクリプトは、標準では文章でのダメージ表示だったものに
 視覚的にダメージを表示する機能を追加したものです。

 視覚的なダメージ表示は、以下の状況で行えます。
 ・HPダメージ (回復含む)
 ・MPダメージ (回復含む)
 ・クリティカル発生時
 ・ミス/回避時
 ・スリップダメージ時
 ・ステート付加/解除/継続時

 また、視覚的なダメージ表示では、表示内容のアニメーション方法を
 細かくカスタマイズできるようになっています。


2.表示設定
 ダメージ表示の詳細な表示設定は、Configモジュールに記述されている
 パラメータを変更することで行います。

 以下にパラメータの説明を記載します。

 (1) DAMAGE_ENABLE
  ダメージ表示機能を有効にするかどうか。
  trueを指定すると本スクリプトの機能を有効化します。
  falseを指定すると本スクリプトの機能は全て無効になります。

 (2) DAMAGE_DISPLAY_ACTOR
  アクターへの視覚的なダメージ表示を有効にするかどうか。
  trueを指定すると有効になります。
  falseを指定すると無効になります。

 (3) DAMAGE_DISPLAY_ENEMY
  敵キャラへの視覚的なダメージ表示を有効にするかどうか。
  trueを指定すると有効になります。
  falseを指定すると無効になります。

 (4) DAMAGE_NUM_FILE
  視覚的ダメージ表示で、HP/MPダメージを表示する際に使用する
  数字の画像素材のファイル名。
  詳細は「3.画像素材規格」を参照してください。

 (5) DAMAGE_NAN_FILE
  視覚的ダメージ表示で、クリティカル/ミス/回避/ステート変化を
  表示する際に使用する画像素材のファイル名。
  詳細は「3.画像素材規格」を参照してください。

 (6) DAMAGE_ACTOR_POSITIONS
  アクターへの視覚的ダメージ表示で使用する基準点の一覧。
  基準点については「4.アニメーションカスタマイズ」を
  参照してください。

 (7) ダメージ表示方法
  ダメージを表示する方法は、下記の項目が該当します。

  ・DAMAGE_HP    HPダメージ (回復含む)
  ・DAMAGE_MP    MPダメージ (回復含む)
  ・DAMAGE_CRITICAL クリティカル発生時
  ・DAMAGE_MISS   ミス時
  ・DAMAGE_EVASION  回避時
  ・DAMAGE_SLIP   スリップダメージ時

  上記項目には、下記のいずれかの値を文字列で指定します。

  ・text   文章表示のみ (VX標準システムと同じ動作)
  ・visual  視覚的表示のみ
  ・both   文章表示と視覚的表示の両方を行う

 (8) DAMAGE_STATES
  ステート表示方法。
  どのステートが、どうなった時に、どの画像を、どう表示するかを
  指定します。指定方法の書式は下記のようになっています。

  [ステートID, 表示契機, 表示方法, インデックス]

  ・ステートID
   設定の対象となるステートのIDを整数で指定します。
   この項目にはデータベース→ステート の左側ステート一覧に
   書いてある数値を指定します。
   画像


  ・表示契機
   ステートがどうなった時の設定かを示す値を指定します。
   下記のいずれかの値を文字列で指定します。

   add    ステートが付加された時
   remove  ステートが除去された時
   continue ステートが継続される時

  ・表示方法
   ステートの表示方法を指定します。
   この値は「(7) ダメージ表示方法」に記載した値と同じ値を
   指定します。

  ・インデックス
   どの画像を表示するかを示すインデックス値を整数で指定します。
   詳細は「3.画像素材規格」を参照してください。

  ステート表示方法の一覧に指定がないステートは、VX標準システムと
  同等の表示を行います。

 (9) DAMAGE_VISIBLE_TIME
  ダメージ表示の表示時間をフレーム単位で指定します。
  1〜600の範囲で指定してください。

 (10) DAMAGE_FADE_TIME
  ダメージ表示後のフェードアウト時間をフレーム単位で指定します。
  DAMAGE_VISIBLE_TIMEで指定した時間だけダメージが表示された後、
  この項目で指定された時間をかけてダメージ表示がフェードアウト
  します。
  1〜300の範囲で指定してください。

 (11) DAMAGE_FIRST_X_OFF
  ダメージ表示開始X座標。ダメージ表示の基準点は、表示対象の
  座標からこの項目分だけずらした位置になります。
  -5000〜5000の範囲で指定してください。

 (12) DAMAGE_FIRST_Y_OFF
  ダメージ表示開始Y座標。ダメージ表示の基準点は、表示対象の
  座標からこの項目分だけずらした位置になります。
  -5000〜5000の範囲で指定してください。

 (13) DAMAGE_FIRST_POWER
  ダメージ表示の初期運動エネルギーを指定します。
  この項目は1フレームあたりのダメージ表示の移動量示す値の
  計算に使用されます。
  0〜100の範囲で指定してください。

 (14) DAMAGE_FIRST_ANGLE
  ダメージ表示運動エネルギーの向きを指定します。
  右方向を0度とする360度単位で指定します。
  0〜360の範囲で指定してください。

 (15) DAMAGE_GRAVITY
  ダメージ表示の重力加速度を指定します。
  1フレーム毎に、この項目で指定した分だけ下方向に運動エネルギーが
  加算されます。(マイナス値を指定すると上方向になります)
  -100〜100の範囲で指定してください。

 (16) DAMAGE_REBOUND
  ダメージ表示の跳ね返り係数を指定します。
  地面に到達した時に上方向に跳ね返る倍率を指定します。
  0〜1の範囲で指定してください。

 (17) DAMAGE_FRICTION
  ダメージ表示の摩擦係数を指定します。
  地面に到達した時の横方向の運動エネルギー倍率を指定します。
  -1〜1の範囲で指定してください。

 (18) DAMAGE_GROUND
  地面の位置Y座標を指定します。
  地面の位置は基準点からのオフセットで指定します。
  -5000〜5000の範囲で指定してください。


3.画像素材規格
 本スクリプトで扱う画像素材は
 「HP/MPダメージ表示時の数字の画像素材」と
 「クリティカル/ミス/回避/ステート変化表示時の画像素材」の
 2種類が存在します。本スクリプトを使用する場合は、必ず上記
 2種類の画像が存在しなければなりません。
 画像素材は、以下のフォルダに格納する必要があります。

 (制作中ゲームフォルダ)\Graphics\System

 (1) HP/MPダメージ表示時の数字の画像素材
  画像

  @ HPが減った時の数字
  A HPが増えた時の数字
  B MPが減った時の数字
  C MPが増えた時の数字

  幅 :10〜512px
  高さ:96〜512px

 (2) クリティカル/ミス/回避/ステート変化表示時の画像素材
  画像

  @  ミス時に表示する画像
  A  回避時に表示する画像
  B  クリティカル時に表示する画像
  C  未使用
  D〜 ステート

  幅 :2〜512px
  高さ:48〜512px

  DAMAGE_STATESに指定する「インデックス」は、Dを0として、
  E→1, F→2 のように結び付けられます。


4.アニメーションカスタマイズ
 視覚的ダメージ表示のアニメーションは、Configモジュールの
 パラメータを変更することである程度変更できるようになっています。
 本章では、アニメーションのカスタマイズ方法について説明します。

 (1) 基準点
  視覚的ダメージ表示には、アニメーションの表示位置を決定する
  ための基準点が存在します。基準点は下記のように設定されます。

  ・アクター
   DAMAGE_ACTOR_POSITIONSに指定した座標値

  ・敵キャラ
   X座標:敵キャラグラフィックの真ん中
   Y座標:敵キャラグラフィックの最下部

 (2) 視覚的ダメージ表示の軌道
  画像



■導入手順■
1.スクリプトの追加と置換
 (1) 追加
  以下のスクリプトは標準のスクリプトには存在しないものなので、
  手動で追加する必要があります。スクリプトの名前は各ファイル名
  から「.txt」を除いたものにしてください。

  Bitmap_DamageBuffer.txt
  Config.txt
  Sprite_Damage.txt
  Spriteset_Damage.txt

  ただし、過去に公開された拙作のスクリプト素材を導入済みで、
  すでに同じ名前のスクリプトが存在する場合は、以下のコメントで
  囲まれている部分を手動で追加してください。

  #T14-043 NEW--->
  #<--------------

 (2) 置換
  以下のスクリプトの内容を書き換える作業を行います。

  Game_Battler.txt     → Game_Battler
  Scene_Battle.txt     → Scene_Battle
  Spriteset_Battle.txt   → Spriteset_Battle
  Window_BattleMessage.txt → Window_BattleMessage

  上記で示したスクリプトに、以下のコメントで囲まれている部分を
  手動で追加してください。

  #T14-043 ADD--->
  #<--------------

  変更する箇所を間違えないように注意してください。

 ●注意
 置換作業を行う前に必ずバックアップを取っておくようにしてください。
 元のスクリプトの状況によっては、置換を行うことでスクリプトが
 正常に動作しなくなることがあります。


2.画像素材の配置
 以下のフォルダに画像素材を配置してください。

 (制作中ゲームフォルダ)\Graphics\System

 画像素材とは、下記のファイルを指します。
 ・DamageNan.png
 ・DamageNumber.png
-----機能説明ここまで-----

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
[VX] ダメージの表示方法を変更する じぇーそん3のブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる