[VX] VXの各種データに拡張オプションを付加する

RGSS2素材 第3部で主に使用する共通スクリプトとして
「拡張オプションスクリプト」を公開します。

この機能は後に公開される予定のRGSS2素材でも頻繁に
利用される機能です。お手数ですが必要に応じて導入を
お願いします。

スクリプト素材のダウンロードは↓
http://www.lm-t.com/blog/exop.zip

※第3部から、導入手順は最下部に記載します。

-----機能説明ここから-----
■仕様■
1.機能概要
 拡張オプションスクリプトは、VXで作成されたゲームを構成する標準の
 データに対して、非標準の拡張オプションを付加することを可能にする
 ものです。

 本スクリプトでは、以下のデータに対して非標準の拡張オプションを
 付加することができるようにします。

 (1) スキル
 (2) アイテム
 (3) 武器
 (4) 防具
 (5) 敵キャラ
 (6) ステート
 (7) マップ
 (8) エリア
 (9) 敵グループ
 (10) アニメーション
 (11) コモンイベント
 (12) イベント

 (1)~(6)は「メモ」に拡張オプションを記述します。
 (7)~(12)は「名前」に拡張オプションを記述します。


2.拡張オプションの記述方法
 拡張オプションの記述方法には一定のルールがあります。
 以下に拡張オプションの記述例を記載します。

 任意の名前

 (1) 拡張オプションは <> で囲みます。
 (2) オプション名は半角アルファベットまたは「_」から始まる
   1文字以上の文字列で指定します。2文字目以降は数字も使用できます。
 (3) データは「"」で囲みます。
 (4) データに「"」を含めることはできません。
 (5) 2個以上のオプションを指定する場合はデータの後に空白を入れ、
   続けて指定できます。
 (6) 「>」の後に空白以外の文字を入力してはいけません。
   空白以外の文字を入力すると拡張オプションが認識されなくなります。
 (7) メモに記述する場合は見やすいように改行することができます。
   ただし「=」の前後に改行を入力してはいけません。


■導入手順■
1.スクリプトの追加と置換
 (1) 追加
  以下のスクリプトは標準のスクリプトには存在しないものなので、
  手動で追加する必要があります。スクリプトの名前は各ファイル名
  から「.txt」を除いたものにしてください。

  Ex.txt

  ただし、過去に公開された拙作のスクリプト素材を導入済みで、
  すでに同じ名前のスクリプトが存在する場合は、以下のコメントで
  囲まれている部分を手動で追加してください。

  #T14-030 NEW--->
  #<--------------

 (2) 置換
  以下のスクリプトの内容を書き換える作業を行います。

  Game_Map.txt  → Game_Map
  Scene_Title.txt → Scene_Title

  上記で示したスクリプトに、以下のコメントで囲まれている部分を
  手動で追加してください。

  #T14-030 ADD--->
  #<--------------

  変更する箇所を間違えないように注意してください。

 ●注意
 置換作業を行う前に必ずバックアップを取っておくようにしてください。
 元のスクリプトの状況によっては、置換を行うことでスクリプトが
 正常に動作しなくなることがあります。
-----機能説明ここまで-----

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

アイゼンハワー
2014年08月08日 11:56
>>上記で示したスクリプトに、以下のコメントで囲まれている部分を手動で追加してください。

初心者なので申し訳ありませんがこれらは何行目に追加すればよろしいでしょうか
J-SON
2014年08月08日 23:42
>>アイゼンハワー様
>初心者なので申し訳ありませんがこれらは何行目に追加すればよろしいでしょうか

例えば、Scene_Titleを例に取ると、

#T14-030 ADD--->
$data_mapinfos = load_data("Data/MapInfos.rvdata")
#<--------------
#T14-030 ADD--->
load_exops
#<--------------

このように書かれている部分を92行目の下に追加します。とにかく、ツクール上のスクリプトと、配布したテキストファイルの内容が同じになるように、追加を行いますよう、お願いします。

(作業前のバックアップをお忘れ無きよう…)

参考のために、ツールを使用した素材の導入方法の説明をリンクしておきます。上の説明で分からない場合は、こちらも試してみてください。
http://lm-t.at.webry.info/201211/article_1.html
ssm
2015年06月21日 16:57
初めまして、こんにちは。
Exのスクリプトを追加したところ、73行目でTypeErrorがあると出てしまいました。該当部分は Game_Character のところのようです。どのようにすれば問題なく導入できるでしょうか?
J-SON
2015年06月22日 22:04
>>ssm様
初めまして。
ご質問の件ですが、コメントに記載された内容だけでは原因を特定するのが難しいので、いくつかこちらから確認させていただきたいのですが、

1.Exスクリプト以外のスクリプトは導入されていますでしょうか?(当ブログで公開しているスクリプトかどうかに関わらず)

2.73行目のTypeErrorは、Game_Characterの73行目でしょうか?できればエラーが発生した時に表示されたメッセージボックスの文章をご教示いただきたく。
ssm
2015年06月25日 19:01
ご返信ありがとうございます。
説明が足りず申し訳ありません。

まずスクリプトですがExスクリプト以外は導入しておりません。
次に、Errorメッセージですが以下になります。

スクリプト'Ex'の73行目でTypeErrorが発生しました。
underfined superclass 'Game_Character'

なにがいけなかったのか全くわからず…ご迷惑をおかけしますがわかることがございましたらお教えください。
J-SON
2015年06月26日 00:43
>>ssm様
ご連絡くださいました内容から考えますと、おそらくExモジュールをGame_Characterよりも上部に記述していると思われます。

スクリプトエディタ左側のリストは、初期状態では下記のようになっていると思います。

▼ モジュール
Vocab
Sound
...

▼ ゲームオブジェクト
...
Game_Character
...

▼ スプライト
...

▼ ウィンドウ
...

▼ シーン
...

▼ 素材
VX_SP2
( ここに追加 )

▼ メイン
Main

上記、「素材」カテゴリの(ここに追加)の部分にExモジュールを記述することで、問題のエラーは発生しなくなると思います。
ssm
2015年06月27日 10:12
貼り付ける箇所を勘違いしていたみたいです。
ご丁寧にありがとうございました。

この記事へのトラックバック

  • [VX] タイルセットをマップごとに設定する

    Excerpt: タイルセットA~Eだけではマップの表現が間に合わない時、 特定のマップにだけ特別なタイルセットを使用したい場合が あります。 Weblog: J-SONのブログ racked: 2011-07-01 01:23
  • [VX] エリア設定を拡張してエンカウントの高度に制御する

    Excerpt: マップ上に作成できるエリアは、VXのエディタ上で作成したデータを ゲーム中で操作できないため、エンカウントの細かい制御が難しい 仕様になっています。 Weblog: J-SONのブログ racked: 2011-07-11 00:19
  • [VX] シンボルエンカウントシステムを実現する

    Excerpt: VX標準システムのエンカウント方式は「ランダムエンカウント」に なっていますが、これを「シンボルエンカウント」に置き換える作業は 非常に煩雑であり、また、融通の利かない状況となっています。 Weblog: J-SONのブログ racked: 2012-06-06 21:15
  • [VX] 戦闘時アクターにアニメーションを表示する

    Excerpt: VX標準システムでは、戦闘時のアクション中、アクター(味方)の ステータスも顔グラフィックも表示されませんが、スクリプトを改造して それらを表示している場合、アクターに対してもアニメーションを .. Weblog: J-SONのブログ racked: 2012-11-16 01:01
  • [VX] 敵キャラにHP残量のゲージを表示する

    Excerpt: VX標準のバトル画面ではアクター側にHP残量を示すゲージが 表示されますが、敵キャラにはそのようなゲージは一切表示 されないので、敵キャラのHPが現在どのくらい残っているかが 分からない仕様にな.. Weblog: J-SONのブログ racked: 2012-12-10 01:07
  • [VX] 戦闘時シェイクの表現を拡張する

    Excerpt: VX標準のバトルではシェイクの表現を変更できませんが、 今回公開するスクリプトにより表現を変更することが できるようになります。 Weblog: J-SONのブログ racked: 2013-02-09 14:32
  • [VX] 戦闘背景を簡単に設定する

    Excerpt: ちょっと今さら感が否めませんが、過去に公開した戦闘背景の スクリプトで、戦闘背景の設定を簡略化する追加のスクリプトを 作成しました。 Weblog: J-SONのブログ racked: 2013-02-26 01:03
  • [VX] マップ名を表示する

    Excerpt: VX Aceにはマップ名を表示する機能があるのですが、 VXには標準では存在しません。 このスクリプトは、VX Aceのマップ名表示機能よりも柔軟に マップ名表示を行うことができ、より理想の表現.. Weblog: J-SONのブログ racked: 2013-03-25 00:56
  • [VX] 連鎖的なステートを作成する

    Excerpt: ステートに関して、自作RPGのゲームシステムの都合上、 ステートの付加・解除のみでは実現できない仕様が ありましたので、VX標準システムのステートの仕様を拡張して 自由度の高いステート操作を行え.. Weblog: J-SONのブログ racked: 2013-08-17 02:42
  • [VX] アイテムをカテゴリ分けする

    Excerpt: VXでも、VX Aceのように、アイテムをカテゴリ分けして表示したい と思っていました。簡単に出来ないか調べたところ、特に難しい ことをしなくても実現できることが分かったので実装・素材化 しまし.. Weblog: J-SONのブログ racked: 2014-03-21 02:05
  • [VX] 地図を表示する

    Excerpt: マップ移動中に地図を表示し、現在位置を確認したりイベントの 位置を把握したりできる機能を追加しました。 この機能によって、マップ移動中のシステムを更に充実させる ことができると思います。 Weblog: J-SONのブログ racked: 2014-04-27 14:34
  • [VX] クリティカルヒットを詳細設定する

    Excerpt: VXの標準システムでは、クリティカルヒットに関する設定項目が 少なく、自由度が低い仕様になっていました。 そこで、クリティカルに関連する機能を拡張し、ゲームシステム 構築の自由度を引き上げました.. Weblog: J-SONのブログ racked: 2014-05-03 15:07
  • [VX] 毒によるダメージを詳細設定する

    Excerpt: VX標準システムでは、毒によるダメージ(スリップダメージ)の 詳細設定が行えませんでした。ダメージ量は固定化され、 戦闘時においては受けたダメージが表示されないので、 毒の脅威がプレイヤーにいま.. Weblog: J-SONのブログ racked: 2014-05-11 23:40
  • [VX] ステートの能力値変化率の上限を超える

    Excerpt: ステートの「能力値変化率」には200%までという、意味不明な 上限が付いており、それ以上に能力を変化させたい場合の 障害になっていました。この上限を取り除くことで、より柔軟な ゲームシステムの構.. Weblog: J-SONのブログ racked: 2014-05-29 00:40
  • [VX] 命中率/回避率を詳細設定する

    Excerpt: VX標準システムでは通常攻撃の命中率と回避率を設定する 項目が少なく、また、細かい設定ができない仕様でした。 この部分に対して、もう少し詳細設定ができるようにし、 より柔軟なシステムを構築できる.. Weblog: J-SONのブログ racked: 2014-05-29 00:41
  • [VX] スキル/アイテムの効果範囲を拡張する

    Excerpt: VX標準システムのスキル/アイテムでは、それらを誰に使うかの 効果範囲の設定は限られています。その設定の種類を増やし、 VX標準よりも多彩な効果範囲を持つスキル/アイテムを作成 できるよう、スク.. Weblog: J-SONのブログ racked: 2014-06-06 23:32
  • [VX] 武器・スキル・アイテムに追加効果を持たせる

    Excerpt: 武器・スキル・アイテムでの戦闘行動の直後に、一定の確率で 何らかのアクションを実行するというゲームシステムを実現 したいと思い、このスクリプト素材を作成しました。 これにより、VX標準システムで.. Weblog: J-SONのブログ racked: 2014-07-20 12:00
  • [VX] 敵の攻撃を受け流して反撃する

    Excerpt: VX標準のシステムには、敵から受けた攻撃を受け流し、反撃する というシステムを実現する機能はありませんでした。今回作成した RGSS2素材は、そういったシステムを実現できるようにします。 Weblog: J-SONのブログ racked: 2014-09-16 01:25
  • [VX] 武器にスキルと同様の効果を持たせる

    Excerpt: VX標準システムでは、武器による攻撃は必ず敵1体に対して のみ有効で、それ以上の効果を持たせることはできません でした。そこで、VXで武器による効果を拡張できるスクリプトを 作成しました。 Weblog: J-SONのブログ racked: 2014-10-07 00:35